18カルディア 1000s DAIWA

一重口水指 文化遺産オンライン

高15.7 口径22.0*17.5 底径18.7 1口 解説 底から口にむかってわずかに開く、素直な形をした水指です。 よく焼きしまった黒褐色の器肌の前面に、黄がかった自然釉が掛かり、片身替わりのような景色をつくりだして見どころとなっています。 おすすめ検索 一重口水指 をもっと見る 備前 をもっと見る 東京国立博物館 をもっと見る キーワード 指 / 水 / みずさし / 釉 関連リンク 所蔵館のウェブサイトで見る 東京国立博物館 関連する書籍を探す 作品所在地の地図 + − Leaflet | 出典:国土地理院タイル 関連作品 20件で表示 チェックした関連作品の検索 古備前水指 銘 青海 一重口水指(柴庵)〈信楽/〉 緋襷一重口水指 一重口水指 銘 柴庵 擂鉢形水指 種壺形水指

This error message is only visible to WordPress admins

あやぺこ🌸フェイクスイーツ教室
ビジネスバッグ バーバリーブラックレーベルあやぺこ🌸フェイクスイーツ教室 Retweeted

茶道具「水指」について、歴史や特徴、扱い方や保管方法まで徹底解説

茶道具の一つ「水指」の概要. 水指は、中国宋の時代に台子と共に皆具の一つとして日本に入ってきました。. 当時は、唐金や青磁を使った耳付きの円筒状のものでしたが、少しずつ形を変えて室町中期に村田珠光が推進した土焼きが使用されるようになり

一重口水指(ひとえぐちみずさし) 銘 柴庵(めい しばのいおり)

寂びの茶席の中で,信楽焼水指はことに声価が高い。その信楽焼の水指の中で,古格を代表するのがこの作品である。厚みのある一重口を僅かに肩で絞め込んで緊張感を持たせ,胴にヒビ割れが生じ,また自然釉がどっぷりと掛かる姿は厳粛と評価したい。